ヒルドイドの副作用

 

ヒルドイドは医療用医薬品です。

 

医療用医薬品とは医師によって処方される薬で医師の指示のもとに使われる薬のことです。

 

だから皮膚科で処方されます。

 

一般の薬局では売られてません。

 

薬局で購入できる一般用医薬品は通常、安全とされる成分を多く使って作られています。

 

その一般用医薬品でも副作用は出ることがあるので、当然 医療用医薬品であるヒルドイドにも副作用があります。

 

でも赤ちゃんからお年寄りまで処方されるヒルドイドですので、酷くて使用不可能な状態になるような副作用はほとんど起こらないでしょう。

 

それでは、一体どんな副作用があるのでしょうか?

 

ヒルドイドの副作用

 

皮膚炎
かゆみ
発赤
発疹
潮紅
紫斑

 

個人差がありますが、上記の副作用があるようです。

 

このような副作用がでたら直ちにヒルドイドを使うのはやめたほうがいいでしょう。

 

ヒルドイドの注意点

 

ヒルドイドは血行を促進する作用があるので、出血性血液疾患(血友病、血小板減少症、紫斑病など)を患っている場合は使用は止めた方が良いでしょう。

 

出血のある部分、例えば傷に塗るのも避けましょう。もしくは、傷口がまだジュクジュクしてる時や潰瘍がある場合。

 

塗るタイミングは、傷口が完全にふさがったあとです。

 

ヒルドイドを塗ると傷跡が薄くなります。

最後にヒルドイドは本当につかっていい?

芸能人や美容整形の先生がアンチエイジングにいいと紹介して広まったヒルドイド

様々な情報が飛び交ったことで、ネット上では

「美容目的で保険適用薬を使用するのは税金の無駄遣い」

「モラルがない」といった批判の声も多く見られているようです。

そこでヒルドイドと同等品の保湿剤をご紹介します。

そこで普通に買える保湿効果・シミ・美肌効果のあるものを見つけました。

サエル (decencia)です。






モニターセット 10日分
ローション
クリーム
エッセンス

サエルの詳細はこちら




厚生労働省認可の美白成分配合で、チロシナーゼの生成

ビタミンC誘導体が、チロシナーゼがメラニン色素へ変換してしまうのを防ぎます。美白成分に迷ったら、まずはビタミンC誘導体配合の化粧品を試してみてください。

保湿成分としてセラミドが含まれていること

乾燥しがちな美白化粧品において、最も保湿能力の高い成分であるセラミドが含有されている点はポイントが高いと言えます。

抗炎症・抗酸化成分が含まれていてエイジングケア作用が期待できる

肌荒れを防ぎ、年齢肌にアプローチするビタミンC誘導体、コウキエキスが配合されているので美白対策※1に加え、ニキビ対策・エイジングケアを同時に行うことができます。

モニターセットが安価に手に入ること

前述したとおり、美白化粧品はシミのタイプ、また個々の肌の状態で効果が様々です。

いきなり高価な本商品を購入するのでなく、いくつか安価に試せるモニターを取り寄せられるものを選ぶことをお勧めします。

お徳なお試し品はこちら